【真犯人フラグ最終話ネタバレ】ついに真犯人が明らかに!

この記事は約3分で読めます。

今夜ついに真犯人が明らかになるのです。

怪しいと言えばみんな怪しいし・・・

いまだ真帆が出てきていない。

遂に、家族全員が再開できるのでしょうか???

「真犯人フラグ最終話ネタバレ」をどうぞ。

スポンサーリンク

20話 最終話あらすじ

凌介(西島秀俊さん)は日野(迫田孝也さん)と共に、河村(田中哲司さん)の後をつけて行く。

行ったのは大きな屋敷に居た瑞穂(芳根京子さん)の所だ。

瑞穂は、河村に真帆に近づいた理由を話し出した。

林と真帆を殺したかったと・・・

話を聞いて河村は瑞穂を問い詰めるが・・・

瑞穂もナイフで河村に応戦。

一星(佐野勇斗さん)は刑事の阿久津(渋川清彦さん)と落合から投稿された小説について尋ねられる。

一星はこれが切り札だと言う。

どういう意味なのか???

実は・・・

一星は河村、日野のPCをハッキングしていたのだ。

二人の事を調べ上げていた。

そこから出てきたのがあの小説。

その情報を瑞穂に委ね・・・

出てきた小説の内容を瑞穂がネットに公開したのだった。

つまり・・・

真犯人は河村か日野なのだ。

隠れて聞いていた凌介は、思わず口を挟む!!

小説の表現の仕方から・・・

「これを書いたのは河村おまえだろ!」と。

「真帆はどこだ!」

凌介は叫ぶ。

河村は、実は真帆と林の不倫の事を知っていた。

それをネタに真帆へ関係を迫ったのだ。

そして、失踪した当日に真帆を殺していたのだった。

セールへ行こう

いろいろな所でセールが開催されます!

⇓やっぱり有名なのはこちら⇓

★★★★★

au Payマーケットもお得ですよ。

au Pay マーケットのセールへ行ってみる

★★★★★

Windows11パソコンが欲しいならHPのセールへ

 

スポンサーリンク

真犯人が明らかに!

真犯人は河村だったのです。

真帆が最初に殺されていたのはちょっと・・・

そして・・・

強羅は全く関係なかったという。

なんだかなぁ。

どいつもこいつも二重人格みたいでしたし。

伏線はすべて回収してはいましたが・・・

なんやら複雑になっておりましたね。

秋元さんってヒロイン殺しちゃうよね。

「あな番」の時もそうだったし・・・

ちょっとなぁ~

真帆ちゃんには帰って来て欲しかった。

あんなサイコパス河村の犠牲になるなんて。

瑞穂が犯人では無かったというのが、せめてもの救い。

彼女は真帆に恨みを持ちつつも、凌介に恋してしまったんだな。

切ない部分もあったドラマでした。

スポンサーリンク

瑞穂はあれで良かったのか?

瑞穂は本社勤務を自ら希望して転勤してしまいます。

最後にその事を話して凌介と別れました。

一人後ろ向きに涙する瑞穂の切なさがジーンときましたね。

あそこで、凌介が追いかけて抱きしめてあげたら???

あるいは・・・

瑞穂が思い切って凌介に抱き着いたら???

話が変わったのでしょうか???

いいえ。

やっぱりそれはやめておいた方がいいです。

だって・・・

二人は結ばれたとしても幸せにはなれない。

瑞穂は、凌介を見るたびに事件を思い出しちゃうでしょ。

凌介だって、真帆の事を恨んでいた瑞穂を心から好きになんてなれないし。

一時の気の迷いってやつです。

そう処理してしまう方が、今後の人生においては幸せになれる確率が上がるというもの。

結ばれてはいけない二人だけに、その別れはちょっとキュンときました。

でも、やはり・・・

あれはあれで良かったのです。

タイトルとURLをコピーしました