書けないッ!?

「書けないッ!?」第3話のネタバレ感想~家族がひとつになった?

トッケイが何の気無しに見始めたドラマ・・・

「書けないッ!?」

生田斗真さん主演の脚本家が題材。

これが結構面白いドラマだったのです。

本日は第3話の感想をお届けします。

「書けないッ!?」第3話あらすじ

脚本家として働く吉丸圭佑(生田斗真さん)を手伝っていた妻の奈美(吉瀬美智子さん)が倒れてしまう。

圭佑を手伝いながらも、自分の仕事である小説を夜中に書いていたのです。

奈美の父親と母親は・・・・

圭佑にちゃんと家事をやらないと駄目だと言い出す始末。

「そういう約束だっただろ圭佑くん」

脚本書きながら家事をやれというのだ。

この様子を見ていた二人の子供たち。

お父さんの為にひと肌脱ごうと!

食事を作ったり風呂を洗ったり。

これでは妻の奈美に手伝わせるわけにはいかくなってしまった。

しかし・・・

一人ではどうにも書けそうにない圭佑。

そこへ・・・

息子である吉丸空(潤浩くん)の家庭教師である・・・

仙川先生(菊池風磨さん)がやってきた。

仙川先生は娘の吉丸絵里花に気があるので・・・

自分を絵里花の家庭教師にと勧めにきたのです。

ところが妻の奈美は「まだ早い」と結論。

娘の絵里花もそれほど乗り気でない。

そこで圭佑は・・・

自分のアシスタントをしてくれないかと!!

すると絵里花も空も一緒になって頼みだした。

流れで引き受けざるを得なくなってしまったのです。

3話のみどころはツルツルとの戦い!

圭佑の悩みの一つに・・・

追い詰められたときにいきなり出てくる「ツルツル」。

最初はこいつを見ておしっこ漏らしてしまった圭佑。

心療内科で診断してもらったところ・・・

それは自分の分身なのだと。

第2話ではツルツルは自分なのだから「受け入れろ」とアドバイスされたのですが・・・

無残に失敗。

今度は「戦ってみましょう」と医師からアドバイス。

妻が倒れ一人で書かなければならなくなった圭佑。

不安をいだいていると・・・

やはり出てきたツルツル。

「一人で書けるのか!

アレレレ・・・

2話は基本があるんだから、ちょっと書き換えればいいだろ!

それとも、人の書いたものを書き換えるのは、罪悪感があるのか?」

そこで圭佑は先生に言われたとおり・・・

戦いに出るのです。

「消えろ!ツルツル」

「ツルツルじゃねえやスキンヘッドだわ」

と言い残しツルツルは消えたのだ。

初めての勝利なのです。

自分に勝つのはたいへん!

このやりとりは面白おかしく描かれておりますが・・・

結構、だれにでもありそうな事。

実際にツルツルは出てこないですけど・・・

自信の無い自分に打ち勝つ必要って時折ありますよね。

圭佑を見ていると応援したくなるのは、そんな自分と重なるからじゃないでしょうか?

ドラマ内のドラマ脚本がおもしろい!

こんな感じでドラマってできるのかな~ってとこがおもしろいですね。

プロデューサーと補佐と監督がバンバン無茶苦茶言ってくるんですよ。

ドラマ内で描かれる脚本は・・・

「富豪教師Q」

というタイトル。

大富豪の先生が女子校にやってきた。

しかし、この先生・・・

実はB型の女子の血を吸う吸血鬼だったのです。

という無茶苦茶な内容。

しかも次回の話では・・・

吸血鬼が血を吸った娘は成績がアップするという!

設定になってしまったのです。

このドラマ実際に見てみたいですね。

毎回、無茶な進展を見せるドラマなんです。

来週はどうなっちゃうのか気になります。

来週の「書けないッ」

来週も楽しみですね。

仙川先生と圭佑コンビで仕事はうまく行くのか?

ドラマ脚本はどうなっていくのか?

ツルツルとの戦いは・・・

そして、家族それぞれが悩みを持っていることも明らかになるようですよ。

-書けないッ!?