高嶺の花4話ネタバレ~龍一の策略とななの宣戦布告!ももの正体も!

3話では、ももと直人はキスするまで発展しましたね。

4話での更なる発展があるのか???

それにしても、心配なのはなな・・・

一体、どこまで龍一にのめり込むのか・・・

「高嶺の花4話ネタバレ~龍一の策略となな宣戦布告!ももの正体も!」

と題してお送りします。

 

高嶺の花の見逃しはHuluで!

スポンサーリンク

「高嶺の花」第4話あらすじ

 

今回はとうとう「もも」の正体がバレちゃいますよ。

 

「月島もも」特集の雑誌を直人が見てしまうのです。

 

さあ、直人はどんな反応をするのか???

 

スポンサーリンク

 「高嶺の花」第4話ネタバレ前半~龍一の戦略とななの戦線布告

 

「高嶺の花」第4話ネタバレ前半「龍一の戦略とななの戦線布告」です。

 

ネタバレ(前半)

ももは、拓真と再び会う!

元婚約者 拓真の妻の持っていた月島の免状に関する調査を報告をするのだ。

 

その答えは「たまたまよ」

と答えた。そして、

「もう月島流は辞めてるみたい。

だいたい、好きでもない人に近づいて、その人の子供を産むなんてあり得ない。

拓真、現実に戻ろう。

あたしもそうする。

簡単じゃないけど、努力してるの!」

「相手はどんな人なの?」

「まだよくわからない。

あたしの自転車を直してくれた。

あたしの事も直してくれる気がする。」

 

//////////////////////////

先週、ももと直人はキスしちゃいましたね。

それからというもの直人は意識しまくり!!

なんせ彼女が、今までいなかったのですから当然と言えば当然。

挙動不審な直人なのです。

チラチラとももを見るので

「チラックマ」と呼ばれたり・・・

キスをももにバラされてしまいオロオロする直人。

「一回目のキスはまぐれ」と呟く。

/////////////////////////

 

心配なのは「なな」。

もう龍一が好きで好きでたまんなくなっちゃってるんですね。

家元としか結婚しないという龍一。

「なら家元になる!」と言ったなな。

 

龍一の戦略なのでしょうか??

入れ知恵されたのか???

なんと、自分から家元の市松にこういっちゃいます。

「わたしにも、家元を継ぐチャンスをください」

これに、市松も応じます。

「切磋琢磨して家元を高める。

いいことだ。

どうして、そんな気持ちになったのか

後で蔵に来なさい。」

母親ルリ子も喜ぶが・・・

 

////////////////////

ぷーさん宅に寄って

スイカを食べるもも。

芸術の話をしているうちに熱くなるもも

モネの本を直人が借りていたため。

芸術家は孤独だというももと、それは孤高であるという直人!

 

他に何を借りたの?

「恋愛48手」の本が・・・

『キッスはエッチの導火線』だって・・・

芸術の話してる人がなに~と笑うもも!

//////////////////////////

 

ももの家にななが来ている。

 

 

急に、熱くなったななももに伝えます。

このままじゃ、姉ちゃんには一生勝てない!

自分も家元候補になったこと。

そして、長年ももに対してコンプレックスを持ってきたこと・・・

 

さあ、これで正式に家元後継問題が表面化だ!!

ななの戦線布告なのです。

 

(そうだろうね~

どうなっちゃうんでしょうねぇ。

仲良し兄弟だったのに・・・)

 

「高嶺の花」第4話ネタバレ前半「龍一の戦略とななの戦線布告」でした。

次は、ネタバレ中盤へ

スポンサーリンク

 「高嶺の花」第4話ネタばれ中盤~ももの正体

 

「高嶺の花」第4話ネタばれ中盤です。

「ももの正体」をどうぞ

 

ネタバレ予想(中盤)

風呂に入っていた月島ルリ子(ななの母親)

そこへ家元の市松がいきなり入ってきた。

「出かけていたのか?

(実は先ほどまで龍一の所へ行っていた)

立って見せてくれ

お前は美しい。

白い肌は何かの抜け殻のようだ。

空っぽの・・・」

(これは龍一との不倫がバレてますね)

 

/////////////////////////

キャバクラで仲間たちと飲む

ももと直人

挙動不審の直人とももの関係はどうなる・・・

 

そこはもも、直人、太郎(吉田ウーロン太)とその妻、幸平(袴田吉彦)の5人だ。

そこで、男子の浮気の話になる。

 

みんなしているという幸平に対し直人は・・・

「自分がされて嫌な事はしない」と断言!

 

幸平は、ノリでもう一度ももと直人にポッキーでのキスを迫る。

ももはOK!

しかし、直人はキャバクラを飛び出して行ってしまう。

 

////////////////////////

 

そのころ・・・

元婚約者の吉池拓真の家では・・・

妻の月島流免状を見せて拓真は問い正す。

「これがどうだろうと、君と僕との関係はかわらないよ

真実を言ってほしい・・・」

「本部から言われて・・・

お家元の・・・」

と真実を明かしたのだ。

(拓真も真実を知ってしまいました)

 

///////////////////////////

直人の自転車店の玄関で・・・

飛び出した直人のすぐ後を追いももは、自転車店へ。

そこで二人は再びキスを・・・・

「二回目のキスはなんだろうね」

と言って去るもも。

///////////////////////////

 

図書館で本を返す直人

モネの絵の本を返していると・・・

そこに居たのは知らないおじさん。

運転手の高井だ。

 

モネのページをめくりつつ説明する高井。

モネの睡蓮は最初はきれいに描かれていたが・・・

最後には絵の具をぶちまけたような絵になっている。

最後の絵に直人は言う。

「凡人には見えないものが見えていたのですかね。」

それを聞いて驚く高井は姿を消す・・・

(なぜ驚いたのかは謎ですね、まだ・・・)

 

/////////////////////////

ももは家元の市松の所へ

「ななに家元は無理よ」

「心が素直すぎるか」

「こっち側に来るのは無理。

月島の神髄・・・

光と影・・・愛と憎しみ

あたしは誰とも憎むつもりはない。」

「色恋など意味のないことだ。

それがよく分かっただろう。

もともと魂の問題だ」

 

「家元になると、そんな風にすべてを見下すようになるの!

もしも、お母さんがいたら・・・

そんなところへ行かせようとしなかった」

「母親の話をするな!やめんか」

「ななを家元にして!

私は華道を辞めます。

もう一度。

人を信じてみることにする

お家元、いえお父さん。

もう一度だけ」

と言って部屋を出る。

//////////////////

 

スナック喫茶で・・・

いつもの連中が集まっている

「本当に彼女かよ!」

直人はももの特集雑誌を見て呟く

「高嶺の花・・・」

 

高嶺の花第4話ネタバレ中盤「ももの正体」でした。

次いで、後半ネタバレをどうぞ!

 

スポンサーリンク

 「高嶺の花」第4話ネタバレ後半~市松の思惑は?

 

「高嶺の花」第4話ネタバレ後半です。

「市松の思惑は?」をどうぞ

 

ネタバレ(後半)

ななは龍一の家に・・・

「お嬢様が一人ではしたなくないですか」

「もう、みんな嫌・・・

お家元が姉を憎めと・・・

口に出して姉を切りつけろと。

そんな風にしないと華道は極められないの?

映ってるのは偽物ってどういう意味?」

 

龍一はネクタイを外しななに目隠しする。

「”逆も真なり”なんだ。

(映っているものが偽物なので、見えないものは真実という意味か?)

アシスタントは俺が努めます。」

龍一のアドバイスでななは活け始める。

 

///////////////////////

直人が家に居ると・・・

「ぷーさん。通りに出て。」

とももからの電話が!

ももの運転手である高井が車を用意していた。

「雑誌をご覧になりましたか?

あの店に置いてきたのは私です。」

 

そして、車に乗せもものマンションへ案内する。

マンションに入る直人・・・

「月島もも」の表札のドアを開けると

「月島ももにございます」

直人はももを見て笑う。

/////////////////////

 

運転手の高井は市松に直人について説明する

「モネの絵を借りていました。」

「睡蓮(すいれん)か・・・」

名前を呼んでも構わんぞ。高井!

すぐそばの娘に父親と名乗れぬことが。」

 

(ここはちょっと考察が必要ですね~

という事は?ですよ。

「月島睡蓮」という名前の方が亡くなった奥様なのか?

そして、その睡蓮と運転手の高井が不倫?

生まれたのが「もも」ってことか?

うーん。)

//////////////////////////

ももの部屋で直人と・・・

ベッド際での会話!!

ももは、来ていた着物をぬぐ。

下着姿に・・・・

「私は、よくばりだから最初で最後の女になる。

もしも裏切ったらちょん切るから・・・」

ぷーさんに抱き着くもも

「あの部屋、暗くしてもいいですか」

「女子かっ!」

 

二人は結ばれたのです。

スポンサーリンク

「高嶺の花」第4話ネタバレのまとめ

ななとももの関係が心配です・・・・

とっても仲のよい姉妹だっただけに

これも市松のせいです・・・

市松がももを憎めと教えたようですね!

しかし、月島流というのは・・・

愛と憎しみの流儀!

光と影の世界観って・・・

なかなかドロドロの流儀です。

 

ももは家元にはなりたくない。

ななを家元にと言っていました。

しかし、それでは市松は納得しません。

ここから市松が直人にどう攻撃をしかけるのか?

 

たぶん、元婚約者の拓真で成功したように刺客を直人に送り付けるのでしょう。

しかし、直人は浮気はしないはずです。

その話の伏線が今日の会話にありましたね。

「僕は、自分が嫌なことは人にしない」と

彼の父親がそうだったように、ぷーさんもそういう人間です。

そして、その刺客の試練を乗り越えた時、ももは改めてぷーさんと一緒になるのでは・・・

 

それにしても家元の市松は悪人だぁ~

多分これも現段階の推測ですが・・・

市松は自分の妻(名前は睡蓮と思われる)にも刺客を送ったのではないかと。

それが、ドライバーの高井・・・

二人は出来てしまったのです。

しかし、後に睡蓮?はこの事実を知り・・・

気が狂い自殺か何かしてしまったのでは・・・

市松とは、そういう人間なのです。(たぶん・・)

 

こうなると龍一はどういう存在なのか・・・

龍一と市松はグルなのか???

それとも、龍一は救世主か???

この辺はもうちょっとドラマを見ないとわかりません。

ますます目が離せませんね。

 

「高嶺の花」第4話ネタバレのまとめでした。

 

高嶺の花の見逃しはHuluで!