【真犯人フラグ13話考察ネタバレ】見つかっちゃったのは生駒か?

この記事は約4分で読めます。

フグ毒で倒れた凌介。

このまま意識が戻らないなんて事はあるのか???

そして、物語はどんどん進んでいくのです。

最後に真帆が現れる?

でも、見つかっちゃったのは元木?(生駒里奈さん)なのか?

「真犯人フラグ13話考察ネタバレ」をどうぞ。

スポンサーリンク

13話ネタバレ

凌介(西島秀俊さん)が倒れてしまった。

パタコ(香理奈さん)にフグ毒を盛られたのだ。

意識不明となってしまう。

ICUの前では日野(迫田孝也さん)と河村(田中哲司さん)、瑞穂(芳根京子さん)、一星(佐野勇斗さん)が集まった。

危険な状態の続く凌介だったが・・・・

数日後、なんとか意識を取り戻すのだった。

パタコの姿は防犯カメラにも映っていた。

阿久津(渋川清彦さん)と落合(吉田健悟さん)は、凌介に顔の確認をする。

しかし、彼女の素性は誰も知らない。

捜査も難航だ。

阿久津たちは、篤斗が乗っていたと思われる白い車も追っていた。

そして、たどり着いたのは「輝きのせかい」という宗教団体。

輪になって踊る姿にはぷろぴん(柄本時生さん)も。

彼は動画の為に潜入していたのだ。

阿久津は教祖にパタコの写真をみせるが・・・

「こちらの世界の者ではありませんね」と。

教祖の反応がおかしい。

プロキシマでは、瑞穂の依頼でパタコのクレーム電話声を解析。

そして、音声からクレーマーのパタコが失踪にかかわっていると結論。

しかし、パタコの顔は特定できない。

おびえる清くんを心配する鼓太朗。

ある時、朋子(桜井ユキさん)の怪しい行動を目撃する。

そのことを瑞穂にも相談。

瑞穂は鼓太朗との話から「アフロディーテの下僕」の正体を太田黒ではないかと気づく。

そして、そこへ太田黒が現れた。

それら聞いた太田黒は逃げ出す。

そして、逃げられなくなり最後には謝り倒す。

瑞穂は、太田黒からすべてを聞き出すことに成功する。

一方、阿久津はパタコの写真を篤斗に見せてみることに。

すると篤斗の反応は・・・・

「お母さん」と言ったのだ。

ぷろぴんの潜入動画のおかげで・・・

映って喋っていた女性の顔がパタコだった。

その瞬間、凌介と瑞穂により、パタコとフグ毒の女の声と顔が一致した。

すぐに警察へ知らせることに。

阿久津ら警察は、すぐにパタコの自宅へ。

しかし、中身はもぬけの殻だ。

血だらけの金属バットが見つかった。

そして、指紋は冷凍遺体の中の指紋とも一致したのだ。

真帆から急に、凌介へ電話があった。

ほんの一言だけだった。

警察もかけられた公衆電話へ急ぐがもうだれもいない。

凌介は、その場所が新居の近くであることに気づき。

一星と共に新居へ向かう。

そこで見たのは・・・

真帆だったが???

セールへ行こう

いろいろな所でセールが開催されます!

⇓やっぱり有名なのはこちら⇓

★★★★★

au Payマーケットもお得ですよ。

au Pay マーケットのセールへ行ってみる

★★★★★

Windows11パソコンが欲しいならHPのセールへ

 

スポンサーリンク

考察要素は?

いろいろ考察要素がありましたね。

ちょっと上げてみましょう。

考察要素①

元木の元に監禁されている光莉。

手には注射の後で傷だらけ。

血を抜かれているのか???

もうろうとした意識の中、母親へ呼びかける。

それは光莉の横に置いてある棺桶だった???

光莉と真帆は一緒に居るのかも???

考察要素②

阿久津からパタコの写真を見せられた篤斗は・・・

「お母さん」と。

この意味は全く分かりませんね。

篤斗が、記憶を操作されているのか???

考察要素③

建設中のわが家へ向かう凌介・・・

そこを開けると中に居たのは???

「見つかっちゃった」

という言葉から考えて、真帆ではないように思えますね。

映像では真帆でしたが、凌介の思い込みで・・・

実際にその言葉を発したのは元木(生駒里奈さん)ではないかと。

スポンサーリンク

真犯人はだれ

これはもう、ほぼほぼパタコさんが主格ですよね。

冷凍遺体の指紋も出ましたし。

かなり絞られてきた感が今回はありました。

ただ、元木と関係があるのか?

実は繋がっているという事なんでしょうかねぇ。

そして朋子は・・・

なんか違う理由で動いているような感じします。

二つの事件が絡み合っているような???

タイトルとURLをコピーしました