この世界の片隅に6話ネタバレ~晴海が〇ぬ!すずも〇〇を失くす!

5話の最後は空襲で終わりました。

いきなりのすずさんと晴美さんの前に大空襲です。

二人は大丈夫なのか!

そして、晴美さんは・・・・

「この世界の片隅に6話ネタバレ~晴海が〇ぬ!すずも〇〇を失くす!」

をお送りします。

この話をまずは、アニメで見ておきませんか。

無料で見る方法がありますよ。

入会時の100ポイントと8の付く日にもらえる400ポイントで500ポイントになります。

映画1本500ポイントですので「この世界の片隅に」を見ることができます。

1ヵ月無料ですので、次と次の8の付く日も400ポイントずつ貰いましょう。

それを使って「この世界の片隅に」の原作コミック(500ポイント)も2巻無料になります。

 

FODプレミアム【1ヵ月無料はこちら】

スポンサーリンク

「この世界の片隅に」第6話あらすじ

 

空襲がやってきた。

爆弾投下だ!

そこへ駆けつけたお父ちゃん(田口トモロヲさん)が二人に覆いかぶさる!

なんとかすずと晴美は助けられるが・・・

しかし、お父ちゃんがぐったり・・・

 

なんとお父ちゃん(田口トモロヲさん)

夜勤明けで、その場で眠り込んだだけだった。

 

しかし、そのお父ちゃんが・・・

今度は職場で・・・

度重なる空襲でケガを負う。

 

見舞いに行くために

街へ降りたすずと晴美

そこで・・・・

二人は思いもよらない事態へ巻き込まれる!!

 

「この世界の片隅に」第6話あらすじ

楽天TVで、1話ずつ過去の見逃し作品見ることが可能です。

https://tv.rakuten.co.jp/content/268257/

更に楽天TVで、キャンペーンやっててお得な時もありますよ!!

スポンサーリンク

 「この世界の片隅に」第6話前半~お花見にて!

 

「この世界の片隅に」第6話前半~お花見にて!ネタバレスタート

 

コミックネタバレ(前半)

晴海の1年生の準備が始まる。
衣料切符を使って必要物を揃えようと考える径子。
教科書を揃え、服を買い、学用品も購入する必要がある。
入学の時くらいは新しいものを揃えてやりたいのだ。

衣料切符とは??
衣料切符として繊維製品を買う権利が与えられる。
1年間で・・・

30歳以上なら40点
30歳以下なら50点
が与えらえるのだ。

もちろん。
切符よりも以前に・・・・
物資があればの話だが・・・

教科書はほとんどの子供たちは他の人のおさがりです。
神聖なもので、落書きは厳禁!!
前の持ち主の落書きでも叱られるのです。

だが・・・・
晴美さんは学校に行きたくないと言う。
先生が怖いのだ。
友達もいない・・・・

そこで、すずさん。
「晴美さんは、おとなしいけん。
先生も叱ってこないよ。
教科書に落書きでもせん限りはね
お友達だって・・・
ほれ!
うちもここへ来た時は一人ぼっちじゃった。
すぐにみんな仲良くしてくれ・・・」

(径子以外は・・・)

放送後のネタバレ感想(前半)

晴美さんと表で会話

もうすぐ晴美さんも学校だ。

教科書はお兄ちゃんが送ってくれるらしい。

 

そこへ、B29敵機襲来だ!

ちょうど帰ってきた義父が覆って被さってくれた。

そして、そのまま倒れ込んでいる。

そう・・・・

眠りこけていた。

夜勤明けだったのだ。

 

/////////////////////////

今日は、お花見。

結構な人が花見に来ていた。

 

すると、桜の木を見るりんがいた。

すずは近寄る。

りんは、木に登りつつ言う。

「こまい頃、屋根裏に隠れて住んどったこともあるんよ。」

(そう、あの座敷童だ)

 

「風邪なおりんさったかね。あのお姉さん」

「テルさん?

死んだよ・・・

ザボンもろうて喜んどったよ。

そうじゃ、これすずさん使って

テルさんの・・・

キレイにし・・・

人が消えたら記憶もなくなるじゃろ。

秘密もなくなるじゃろ。

それは、それで贅沢な事かもしれんね

そろそろ戻らんと

逃げたと思われる。」

 

その帰り道にりんは、周作とすれ違う。

周作はすずを探し回っていた。

すると木の上に・・・いた。

降りれなくなっていたのです。

 

「この世界の片隅に」第6話前半~1年生の準備でした。

つづいて、「この世界の片隅に」第6話ネタバレ中盤~教科書は?をどうぞ。

スポンサーリンク

 「この世界の片隅に」第6話ネタバレ中盤~父が空襲に?

 

 

(「この世界の片隅に」第6話ネタバレ中盤父が空襲に?)

 

コミックネタバレ予想(中盤)

径子とすずは教科書を貰いに街へ出る。
あてにしていた教科書を貰うご家庭の家が・・・
空襲で焼けてしまった

当然、教科書もない。
むしろ、こちらがいろいろあげる結果に・・・
街の隅には空襲の跡が悲惨だ・・・
人も死んだままで片付けられていない。

そんな中、すずと径子は・・・
教科書をどうするかと途方に暮れる・・・
どうしようもなく。

家に帰るすずと径子。
そこへ・・・
ヒサオ(径子の息子)から小包が来たらしい。

な、なんと!!
中身は・・・
教科書だ!!

径子がその教科書を開いてみると
落書きだらけ・・・・
晴美はそれを見て

「先生に怒られるぅ~」

家族みんなで落書きを消すのでした。

 

放送後のネタバレ感想(中盤)

再び爆撃機が来た。

義父の工場あたりが被害がひどかったようだ。

心配しつつ、義父を待つすずと家族だった。

 

さらに、周作も来週から海兵団で軍事訓練なのだ。

3か月は戻れないという。

文官から武官へと肩書が変わるという。

すずの手を握りつつ・・・

「すずさん大丈夫かのう。

わしもお父ちゃんもおらんで

このうち守り切れるかのう」

 

「無理です!!」と泣くすず。

しかし、周作に寄り添い・・・

「ごめんなさい。

ウソです。

周作さん。

うちはあんたが好きです。

三月も会わんかったら顔忘れるかもしれん。

じゃけぇ。大丈夫。

このうちを守って、このうちで待っとります。

このうちにおらんと周作さんを見つけられるんかもしれんから」

 

お父ちゃんはどこに行ってもいない。

径子や周作も探すが・・・

遺体や安置置き場にもない。

 

すずは、周作の寝顔を書いた。

そして周作は、軍事訓練へ。

 

/////////////////////

 

現代の場面。

佳代さんとその彼氏。

そして節子さん。

節子は、「私も被爆者なんよ」と言う。

「暑くてシンドイと生きとる感じする」

 

「居場所はどこだってええんよ。

逃げ出したってええんよ。

生きてく場所なんてどこだってええんよ。」

と言う節子の言葉が忘れられない佳代。

 

「カフェにするんでしょ。

いろいろ考えてみたんだけど見てくれる」

節子さんの書いた絵だ。

とても上手!!!

「お母ちゃんに教わったんよ。」

という節子さん。

「すずさん?」と佳代。

「そう」

 

★「この世界の片隅にドラマ 節子さんとは誰なのか?それは〇〇だった。」をご覧ください。

この節子さんについてはコチラの記事で正体を明かしています。

///////////////////////

 

お父ちゃんは海軍病院にいたのだ。

頭とお腹をやられたらしい。

お母ちゃんは嬉し泣きだ・・・

 

「この世界の片隅に」第6話ネタバレ中盤~父が空襲に?でした。

次は、 「この世界の片隅に」第6話後半~晴海が〇ぬ!すずも〇〇を失くす!です。

スポンサーリンク

 「この世界の片隅に」第6話後半~晴海が〇ぬ!すずも〇〇を失くす!

 

 

(「この世界の片隅に」第6話ネタバレ後半~晴海が〇ぬ!すずも〇〇を失くす!)

 

コミックネタバレ(後半)

広島地方では4月3日にお花見をする習慣がありました。
特に呉では、盛んだったのです。
北條家もお花見にやってきました。

すずは、そこでりんさんに偶然出会います。
「りんさん!」
「慰労会でね。
お得意さんみんなと来てるんよ」
「うちも家族と・・・」
と言いかけて止めました。

りんさんは木に登り始めます。
すずも登って来いと言う。
すずの頭の中はりんさんと周作が会ったらどうしよう・・・・
それ一色だった。

りんは、すずに口紅を渡す。
死んだテルちゃんのものだ。
テルちゃんとは、すずがりんに持って行ったお茶碗を預けた女性。
やはり、りんと同じく遊郭の一員。
お客さんと一緒に川へ飛び込み自殺を図り、風邪をひいていた。

りんによると・・・
テルちゃんは死んだよ。
肺炎をこじらせたと。

口紅をすずに塗りながらリンは言う。
「空襲におうたら
綺麗な死体から片づけてもらえるんよ

ねえ、すずさん。
人が死んだら、記憶も無くなる。
秘密は無かった事になるんよ。
それは、それで贅沢な事かもね

さあ、もう行かんと
逃げたと思われるから・・・」

すずが木の上に居るとやがて、周作が来た。
「そこに居たんか」
皆にすずが居たことを知らせる。

「友達を見つけて追っかけて、はぐれてしまい。
桜の木の上から探していたら・・・
降りれなくなって・・・
怒られると思って途方に暮れてたわ」

 

すずは、なんか違うと思いながらも
「まあ、いいか・・・」

/////////////////////////////

お父ちゃんが職場で空襲攻撃でケガをした!
既に病院に入院しているらしい。
そこで、すずと径子と晴美で見舞いに行く事に。

径子は広島行きの切符を買うために駅へ。
その間、すずと晴美はお父ちゃんのお見舞いだ。

そ、そして・・・・
晴美さんとすずが街に居るときに空襲が!
二人は防空壕で難を逃れる。

し、しかし・・・・
その防空壕を出た後、
残っていた時限爆弾が・・・
爆発した!

 

最後は衝撃の展開!!!

 

ドラマネタバレ後半

お父ちゃんが空襲で壊れた時計を直してくれと預かった径子

下関の時計屋に行ってついでにヒサオにあってくることに。

しかし、列車はいつまで待っても出ない。

この待ち時間に父ちゃんの見舞いに行って来てくれという径子

晴美とすずで行くことに。

 

 

ちょっとだけ海の方に行ってもええ?

という晴美。

 

そこへいきなり空襲警報だ。

 

なんとか防空壕へ入る。

ひどい空襲だ。

なんとか堪えたところ。

そこは一面焼け野原だ。

 

 

そして、晴美の後ろに

不発弾が・・・・

すずは、晴美の手を引いて

あぶないこっち!!!

・・・・・・・

 

以上、「この世界の片隅に」第6話後半~晴海が〇ぬ!すずも〇〇を失くす!でした。

続いてこの世界の片隅にドラマ第6話視聴後の感想です。

スポンサーリンク

この世界の片隅にドラマ第6話視聴後の感想

まさに衝撃の最後でした。

途中の展開はコミックとドラマは違っていましたね。

最後は、すずと晴美の衝撃のシーンでした。

 

タイトルのマルの中身は?

「この世界の片隅に」第6話後半~晴海が〇ぬ!すずも〇〇を失くす!

この最初の〇〇は・・・

晴美が死ぬ!

です。

そして次の〇〇は・・・

すずも右手を失くす!

なのです。

ここから始まる波乱の第2章なのです。

 

ドラマこの世界の片隅に6話視聴前の感想

この回は物事が大きく変化する回になりそうです。

何と言っても晴美さんが亡くなってしまうのですから。

「晴美が〇ぬ」のです。

そこまで、描かれるのか?

あるいは、時限爆弾がさく裂するところまでかは?

はっきりしません。

 

しかし、予告の最後はまさにそのシーンですね。

 

すずにとって大切な人が戦争の痛手を受けていきます。

そして、自分自身にさえ影響が・・・

「すずも〇〇を失くす」のです。

そう、

自慢の上手な絵を描けた・・・

一生懸命水くみをした・・・

料理に励んできた・・・

右腕が・・・

 

戦争は悲惨です。

こんな事が日常で起きていたのでしょう。

確かに異常です。

水原はそれを言いに来たのでしょう。

すずも正常な世界ではいられなくなりました。

異常な世界に巻き込まれてゆくのです。

「この(異常な)世界の片隅で」

 

この世界の片隅にドラマ第6話ネタバレ感想でした。

この世界の片隅にネタバレ7話へ行く

この世界の片隅にドラマネタバレ5話へ戻る

 

この話をまずは、アニメで見ておきませんか。

無料で見る方法がありますよ。

入会時の100ポイントと8の付く日にもらえる400ポイントで500ポイントになります。

映画1本500ポイントですので「この世界の片隅に」を見ることができます。

1ヵ月無料ですので、次と次の8の付く日も400ポイントずつ貰いましょう。

それを使って「この世界の片隅に」原作コミック(500ポイント)も2巻無料になります。

 

FODプレミアム【1ヵ月無料はこちら】

細かい説明はこちらでもやっております。

見逃しドラマ、映画を100%安全に、なおかつ無料で楽しむテクニック

「この世界の片隅に」日曜ドラマ~アニメ映画を無料視聴しておこう!