テセウスの船ドラマ8話ネタバレ~いよいよ!お泊り会の当日だ!

母親の和子は監禁されていた。

鈴や慎吾もどこへいってしまったのか?

心と佐野文吾は事件を止める事ができるのでしょうか???

ドラマ8話ネタバレのスタートです。

スポンサーリンク

テセウスの船8話ネタバレ

 

狙われたのは母親の和子だけではなかった。

なんと・・・

木村さつき先生もだ。

 

木村さつきはみきおが犯人であることを知ってしまっていた。

そして、ついに令和の時代では・・・

鈴まで危険な目に合わせたのだ。

その事がどうしても許せないみきお。

 

平成元年のうちにさつき先生を殺してしまったのだった。

 

学校では・・・

木村さつき先生が居なくなった事に心が気づく。

過去はもう心の知っているものとは全く異なる状況だった。

 

お泊り会の当日。

生徒や保護者たちが学校にやってくる。

佐野文吾は、一応持ち物検査をすると言い・・・

ひとりひとりのカバンをチェックするのだった。

 

加藤みきお・・・

そして

木村みきお・・・

この二人はお泊り会に現れるのか??

 

その時!!!

校内放送が聞こえてきた。

加藤みきおの声だ!!!

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////

コロナウイルスに負けるな!

この際、ドラマや雑誌、映画三昧でもして楽しく過ごしましょう!!

【FODプレミアム(1ヶ月間無料)】

ドラマやバラエティやアニメが見放題!
話題のアニメ「映像研には手を出すな」独占配信中。
しかも、無料期間中でも毎月1300ポイント貰えます。
貰ったポイントで「映像研には~」のコミックも買えますよ。
詳しくはコチラでも説明してます

 

Huluもあります。
こちらはちょうど2週間無料!
日テレドラマ

U-NEXTも無料トライアルあります。

 

上から順番に見ていくのも良いですね。

同じものももちろんありますが、主力コンテンツは違いますので飽きません。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////

スポンサーリンク

加藤みきおが現れる

 

心と佐野文吾は放送室へ駆けつける。

そこでは・・・

加藤みきおが立っていた。

 

「心先生!

お久しぶり」

とぼける加藤。

 

佐野文吾は尋ねる。

「親戚のおじさんはどうした?」

「札幌の病院にいるよ」と加藤みきお。

「電話をしたがそんな人はいないと言っていたぞ」

 

心は・・・

持ち物を見せてくれと頼むが・・・

加藤みきおは・・・

「お断り。

プライバシーの侵害です」

などと生意気な事を言う。

 

「それより・・・

鈴ちゃんがいないのが寂しい。

また会えるかな」

 

佐野文吾は力づくでみきおのリュックを奪おうとするが・・・

抵抗し続ける加藤みきお。

挙句の果てに他の大人たちに・・・

「助けて!!

暴力を振るわれた!!」

などど言い出す始末。

 

それを見た親たちも・・・

心と佐野文吾がやりすぎだと批判的だ。

スポンサーリンク

火災報知器を鳴らせ!!

 

とうとう食事の時間だ。

子供たちは、みんな腹ペコ。

多目的室に集まることに。

 

加藤みきおは友達に・・・

なにやら紙に巻いた粉末を配っていた。

食事の時にこっそりみんなで飲もうと。

 

一方で、佐野文吾は・・・・

ジュースはすべて没収していた。

これでジュースに青酸カリを混入させる事はできない。

ジュースではなく・・・

佐野文吾の用意したやかんの水を飲むように指示。

 

食事が始まる前に心と佐野文吾は・・・

話し合いをした。

火災報知器を押して・・・

全員を強制的に避難させようと。

そして帰宅させれば事件を防ぐ事ができるに違いない。

 

ついにその時が来た!

心は、火災報知器のボタンを押した。

が・・・・

火災報知器が鳴らない・・・

何度押しても・・・

鳴らないのだ。

 

子供たちが・・・

加藤みきおから貰った粉を水に入れて・・・

飲みだした!!

 

テセウスの船9話ネタバレへ行く

7話へ戻る

 

テセウスの船ネタバレ関連はこちらもどうぞ

テセウスの船【ドラマ相関図】いつから?配役?原作?主題歌は?

テセウスの船とは?ドラマ1話ネタバレ~突然31年前の親に会う?

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////

買い物はAmazonで済ませちゃえ!

楽天もあるぞ!!

/////////////////////////////////////////////////////////////////