科捜研の男【トレース】8話ネタバレ~真野が科捜研に来た経緯は?

新妻が殺されるという予想外の展開に!!

しかも現場は、真野の家があった場所の公園。

そこに残されていた軍手。

4人の血痕がのこっているというのだが・・・

ますます見逃せないトレース~科捜研の男~8話のネタバレをお送りします。

今回は、真野がなぜ科捜研に入ったかが回想されますよ。

こちらのネタバレ記事は原作に基づいた予想ネタバレです。実際のドラマとは異なりますのでご了承願います。

 

スポンサーリンク

科捜研の男あらすじ8話

 

今回は主に真野の回想シーンから成り立っています。

時代は、真野が高校卒業から科捜研に入りたての頃。

小学生だった彼は、どうして事件について知るようになったのでしょう。

なぜ3人の容疑者リストが出来上がったのでしょう。

なぜ慎重に事を進めて行かなければならないのか良く分かりますよ。

 

では、科捜研の男トレースの8話ネタバレをどうぞ

 

スポンサーリンク

科捜研の男トレース8話ネタバレ前半

View this post on Instagram

 

み や び さ んさん(@knsi7788)がシェアした投稿

 

真野は、新妻が殺されてしまったことを先生にも報告。

残された軍手に付着した4人の血痕。

これが新妻と真野の両親、姉の血であることも・・・

先生は、23年前の真犯人の仕業かと叫ぶも!

真野はそれは憶測に過ぎないので辞めてくれと・・・

 

そして、新妻は胎児の父親でもなかった。

すると残りは・・・

壇ひとりだ。

しかし、刑事部長である壇に近づくのは今は危険だ!!

 

////////////////////////

 

今日は、科捜研メンバーで花見だ!!

しかし、真野は参加するもののひとり橋から景色を眺めている。

そこへノンナがやって来た。

ノンナは花見が好きだと言う。

しかし、真野の季節は23年前で止まったままだった。

 

ノンナはなぜ科捜研に入ったのか尋ねた。

真野はノンナに答えるわけもなく自らの中で思い出していた。

 

それは、13年前のちょうど今頃。

大学入学を控えた3月の終わり。

 

事件後、母の遠縁にあたる真野家に育てられた。

とても良くしてもらったのだ。

高校卒業後は、自立して働くつもりだった(真野)礼二だが、その真野夫妻は進学を強く勧めた。

 

そして、礼二にこの機会に両親の遺品を見てくれと箱を取り出した。

当時は、事件の事を思い出すことはあっても今のように深く考えることは避けていたのだ。

しかし・・・・

そこにあったのは無くしたはずの・・・

 

スコルピオン・マン

それを見つけてひとり泣く礼二だった。

 

この時、箱の中から母のお気に入りの湯呑も見つけた。

良く姉さんとままごとに使って怒られたりした大事な湯呑。

しかし、5つあるはずの湯呑は・・・

そこに、4つしか無かった。

 

なぜ。

そう言えばあの日!

パパもママも休みの日だった。

自分も休みたいと言ったが、学校へ行けと母は言う。

お姉ちゃんが来て、今日は大事なお客さんが来るからと・・・

すると・・・

その湯呑を使った大事なお客さんが・・・

家族を皆殺しにしたのか????

 

何か手がかりはないか更に箱を漁った。

出てきたのはお姉ちゃんの手帳だった。

 

手帳を手がかりに姉の友達に電話をしてみた。

姉が学校を休んでまで、誰と何を話すつもりだったのかを知るために・・・

 

そして何の情報も無いまま2年が過ぎた。

しかし!!!

2006年に最新のDNA鑑定が可能になった!!

事件当時の1994年では不可能だった個人の特定が今、できるようになったという新聞の記事を読んだのだ。

それを使用するのは科学捜査研究所。

科捜研だ!!

 

真野は、ノンナに言った。

科捜研なら真実を明らかにできるから入ったのさ。

ノンナは・・・

何の真実ですか?

ごまかす真野だった。

 

スポンサーリンク

科捜研の男8話ネタバレ中盤

 

真野礼二は当時を思い出していた。

科捜研に入った2009年の秋。

姉の副担任だった先生と出会ったのだ。

 

先生は、姉が強姦され妊娠していたこと。

そして休学直前だったことを教えてくれた。

兄の義一が、同級生に脅され姉を呼び出し、事件がおきた。

先生は今も後悔していると・・・・

妊娠を告白された時に警察に一緒に行っていれば兄の義一もあんな事件をおこさずに済んだはずだと・・・

真野は言った・・・

兄は家族を殺してなんかいないと!!!

先生はどういう事なのか尋ねてきた。

真野は、自分が真犯人を捕まえると言うと、先生も手伝いたいと言ってきたのだ。

 

先生と真野は協力して、兄の義一の同級生をあたり、いじめていた3人を突き止めた。

  • 佐保優作
  • 壇浩貴(だん ひろき)
  • 新妻大介

の3人だ。

 

この壇浩貴は警察庁刑事部長であり、父親の壇崇(だん たかし)は現法務大臣。

当時は・・・

警察庁の警視総監

なのだ。

 

もしも、彼らが事件に関与していたら・・・

証拠などは簡単にもみ消せると先生と話した。

慎重にやらなければならない。

我々のことが気づかれると、わずかな証拠も消されてしまう可能性がある。

 

スポンサーリンク

科捜研の男トレース8話ネタバレ後半

 

真野は、DNA鑑定の件で、刑事部長の壇に呼び出された。

壇は「お元気そうで何より」と。

「真野礼二、いや源礼二くん」

そう、壇は知っているのだ。

 

/////////////////////////////////

 

電車内で痴漢行為があった。

しかし、容疑者として女性に捕まえられた男性は完全否定している。

警察も犯人説と冤罪説の二派に別れてしまう。

 

被害者によると膣内に指を挿入されたという。

しかし、鑑定結果は、男性の指からは女性のDNAは採取されなかった。

女性のパンティからも男性のDNAは採取されない。

 

真野は、もう一つの証拠品として男性の着ていた衣類を依頼する。

結果、ズボンの後ろポケットから女性のDNAが出たのだ。

この男性、指をズボンの後ろポケットにあるハンカチで拭い、そのハンカチは車内に捨てていたという事が判明する。

 

やっぱり男性は黒だったのだ・・・

 

スポンサーリンク

科捜研の男【トレース】1話ネタバレのまとめ

とうとう真野礼二の過去がはっきりしますね。

彼は、高校卒業までは普通の男の子だったのです。

しかし、スコルピオンマンの登場と湯呑の発見により、真相解明の糸口が出ました。

 

そして先生との出会いも大きな進展でした。

なんと姉は強姦されていたこと、妊娠までしていたと知るのです。

これは、ただ事じゃありません。

そして、先生は兄の義一の犯行だと思っていたようですが、真野の一言ではっとします。

 

強力な協力者を得たと言えるでしょう。

いじめっ子3人のリストがどのようにできたかも分かりました。

先生と真野の地道な聞き込みだったのです。

 

しかし、死んだ姉の胎児の父親は?

本当に壇浩貴なのでしょうか???

それとも新事実が発覚していくのか???

ますます見逃せないトレース~科捜研の男~なのです。

 

 FOD【1ヶ月無料】を試してみる

 

科捜研の男9話へ行く

科捜研の男7話へ戻る

トレース~科捜研の男~1話から最終回

 

科捜研の男(トレース)のキャスト、原作についてはこちらもどうぞ。

トレースが科捜研の男で月9ドラマ化!主演、キャストは?原作は?

プレゼントはまだ間に合います。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

トレース~科捜研の男
スポンサーリンク
トッケイをフォローする
トッケイのドラマネタバレと芸能ニュース