【日本沈没2話ネタバレ】田所博士vs世良教授の結末はどうなる?

この記事は約9分で読めます。

ドラマ「日本沈没」2話も15分拡大バージョンです。

先回1話の終わりにいきなり沈んだ日之島。

やっぱり田所博士の言う通りだった・・・

しかし世良教授も黙っちゃいません。

あれはただの地すべりだと。

さて、いったいどうなるんでしょう!!!

スポンサーリンク

日本沈没2話ネタバレ

未来推進会議の途中・・・

日之島が沈みだした。

そしてそれは跡形もなく海の中へ消え去った。

これは田所博士によれば関東沈没の前触れ。

天海(小栗旬さん)は居ても立っても居られない。

日之島が沈むことは以前から田所博士から聞かされていたから。

すぐに対策が必要だと訴えるも・・・

世良教授に阻止されてしまう。

世良教授は今回の日之島沈没は・・・

「ただの地すべりに過ぎない」

と言うのです。

んなわけねーだろ!

と言いたいところですが・・・。

世良教授の見解が政府の公式発表となってしまうのです。

世良教授は東山総理(仲村トオルさん)と記者会見し国民に説明。

天海の納得がいかないのは当然。

しかし・・・

天海にとって更にマズイことが!

天海が企業と癒着しており、不正な献金をもらっているという記事が週刊誌に出てしまうのです。

もちろんそんな事実は無いのですが・・・

天海が何を言っても聞き入れてもらえません。

ついに環境省にて謹慎処分が下されることに。

未来推進会議のメンバーからも降ろされそうになってしまう。

田所博士のみならず・・・・

天海もまた絶体絶命!

田所博士はこの難局を乗り越えるために先回の海上保安庁の海底調査のデータを入手するよう天海に依頼。

田所博士は、必ずや深海にスロースリップがあるはずと確信しているのだ。

それを見つけたいのでしょう。

きっと不正に隠されてしまったのだと。

天海は常磐(松山ケンイチさん)にお願いするのですが・・・・

それどころでない状況へ追い込まれそうに。

なんとか東山総理に直談判しようとするも・・・

「君には失望した」と言われてしまう。

更に妻からは・・・

「離婚しましょう」と言われてしまう始末。

「少し考えさせてくれ」と答えるのが精一杯の天海だった。

謹慎の身でありながら「未来推進会議」に出席する天海。

反感を買うが・・・

今日の議題は自分が総理に直談判提出した・・・

「首都機能分散」

だったのだ。

首相の出身地である札幌をもう一つの首都にするという案が効いたようだ。

記者の椎名(杏さん)といえば・・・

天海について更に調べていた。

彼の地元である愛媛へ行き、母親(風吹ジュンさん)に近づいていたのだ。

そしてそこで椎名にとって貴重な情報が?

椎名は、23年前の天海の話を母親から聞く。

天海が高校生の時、海水の温度上昇が原因で魚が取れなくなった。

役人の言うことを真に受けての結果だった。

役人には任せていられないと、その時感じたのだ。

そして、自分が役人になり海を守ると誓ったのだった。

実は、椎名の父親も同じような状況だった。

正しいことをしようとして会社を辞めさせられたのだ。

真実を追い求めると敵が増えると椎名は言う。

二人は似たもの同士だと。

藤岡局長がDプランツとの不正に関わっていた事に気づく天海。

その不正を自分になすり付けられていたのだ。

藤岡局長に問いただすとやはり自白。

局長は「何でもする」ので許してほしいと。

その弱みにつけ込んで天海は生島会長に引き合わせてもらう。

藤岡局長を使って生島会長(風間杜夫さん)へも直談判。

最初は冷たい生島会長だったが・・・

「関東圏に住む人々の命乞いに来ました。

海底で世良教授は動揺を隠しきれない様子だった。

何か隠している」という天海の言葉を聞くに連れ考えを変えてゆく・・・

生島会長から海保のデータを手に入れることに成功!

メインコンピューターを確認した所・・・

やはり・・・

内容が改ざんされていた。

国交省の官僚のひとり安藤靖が書き換えたのだ。

天海は「だれの指示ですか?」と安藤を問いただす。

メンバーの強い視線を感じた世良教授が話し出す。

「国民を不安に陥れないためにしたものだ」と。

天海は・・・

「あなたは偽りのデータを持ち出すことは学者の資格がないと田所博士に言ったのではないですか

そのあなたが!」

世良教授と天海は二人で話すことに。

実は世良教授も関東沈没は1割の可能性があると述べる。

しかし1割の可能性よりも経済や海外からの信頼の方が大事だと言うのだ。

以上の件が明るみに出、東山総理が田所博士に会いたいと・・・

会見の席で・・・

田所博士は1年以内に関東沈没が始まると宣言した。

年末のセールへ行こう

いろいろな所で年末年始のセールが開催されます!

⇓やっぱり有名なのはこちら⇓

★★★★★

au Payマーケットもお得ですよ。

au Pay マーケットのブラックフライデーへ行ってみる

★★★★★

Windows11パソコンが欲しいならHPのブラックフライデーへ

 

スポンサーリンク

世良教授のメガネに驚き!

おしゃれ過ぎる世良教授のメガネ!

これが気になってドラマの内容が入ってこないって言う人結構おられました。

これ老眼鏡なんでしょうね。

調べてみると・・・・

こんな商品がアマゾンでも売られております。

「クリックリーダー」と申しまして・・・

首からかけておける老眼鏡。

必要なときにメガネの真ん中でパチっとハメれば良いんです。

確かに・・・

老眼鏡を付けたり外したりって面倒ですからね。

首から下げとくと超便利なのはわかりますが・・・・

世良教授のデータ改ざんはいけません。

しかし・・・

國村隼さんの演技は・・・

バツグン

ですね。

あの穏やかな物言い。

静かながらも圧のある語り口調。

非常に説得力がある。

あんな人にゴリ押しされたら改ざんしちゃうかも!!!

スポンサーリンク

芸人たちと与田ちゃん登場場面はある?

第1話ではあまりにも少ない登場となった芸人のみなさんと乃木坂46の与田ちゃん。

今回はどのくらいの登場場面があるのでしょう???

芸人登場シーンは・・・

もぐらさんの声が聞こえましたね。

「ありがとうございまーす」

あれはもぐらさんですよね。

声だけでしたが・・・

今回はあまり芸人さん枠が無かったようです。

与田ちゃん登場シーンは・・・

与田ちゃんセリフ有りました!

「彼氏ができちゃったっ」て言ってましたが・・・

やばいですね。

これはテラサパラビでやってる与田ちゃんのスピンオフドラマの話とリンクさせているのかな。

(テララ見てませんのでちょっとよく分かりません)

芸人・与田ちゃんへのネットの反応は?

  • 看板娘きた!
  • 一瞬やけど与田ちゃん映った!
  • やっぱり松山さんが帰ったときのありがとうございました声もぐらさんでしたよね?!え?!聞き間違い!?

★★★生き返れ、わたし★★★

ヨギボーで疲れた体を癒やしましょう!

NiziUコーディネイトもあるよ!

トッケイ
トッケイ

ヨギボーもクリスマスセール開催中

ヨギボーの公式サイトへ行ってみる

あなたも、生き返れ!

スポンサーリンク

香川照之さんの顔芸は?

さてさて香川照之さんの演技も見ものです。

賛否両論あるようですけど・・・

(否の方が目立ちますが・・・)

ご本人曰く、わざとそう演技しているとのこと。

つまり、人とあまり話すことになれていない田所博士を演じるとああなったらしい。

それにしても・・・・

人と話してないとああなるんかな?

トッケイなら、もっと黙りこくってしまうような気が・・・

しゃべってもボソボソみたいな。

でもそれじゃドラマ的に見栄えしないかもね。

やっぱり香川さんの田所博士に最後までテンション高く頑張ってほしいです。

では・・・・

2話の田所博士はどうだったのか見てまいりましょう。

田所博士、今回もイキってましたね。

口から汗が飛び出しておりました。

汚ね~よ

海保のデータを執拗に求めておりましたが・・・

やはりあのデータが無いと証明できないのかな。

田所博士のパソコンの作業は・・・

とてもパソコン作業中とは思えない。

あんなにキーボードを打ったらすぐPC壊れます。

田所博士へのネットの反応は?

  • 香川さん、田所長博士の大げさな演技がなんだか笑
  • 初めてみるけど面白い…!香川照之さんの演技と迫力に感激。香川さんほんと龍馬の頃からタイプ
  • 香川さんの役はいつも味方になればなるほど最大の味方だし逆に敵になればなるほど怖くなるな

スポンサーリンク

日本沈没2話ネットの反応は?感想は?

第2話へのネットの反応

  • 愛媛県宇和島市の方言!めちゃくちゃ〜!気持ち悪〜!残念!せっかく面白いドラマなのに。
  • 居酒屋で大事な話、しすぎじゃないかね?
  • うーん、ナレーションいらん。
  • それで潜水艇で具合が悪い芝居をしたのね
  • 世良教授のメガネ(真ん中で開いた)が一番びっくり
  • ひまわりめっちゃ綺麗なんだけど10月設定で出してくるの強いww
  • なんか…嫉妬してました…と告白する下りダサすぎたな… 展開がね 脚本がね
  • 撮影したのが1月頃と聞いたが10月の今と同じ、10月が真夏のように暑いとか偶然にしても出来過ぎ

今回、ますます「半沢直樹」化してましたね。

ピンチと挽回の連続劇。

まさに小栗旬さんがちょっと堺雅人さんに見えました。

あの手この手で自分の信念を貫こうとする姿がそのものでした。

でも、そういうのって爽快なんですよね。

半沢直樹が流行ったのですから、このパターンと日本沈没を組み合わせるのもアリかも。

2話の平均視聴率も15,7%と上々の出来だったようです。

ホラン千秋さんのナレーションもちょっと聞き慣れてきました。

力強さというか安定感が無いのですけど、ソフトタッチっていうのも本題が重たいドラマだけに良いのかも???

ホラン千秋さんも頑張ってます。

同じく菅田将暉さんの歌も慣れてきたかな???

タイトルとURLをコピーしました