テセウスの船ドラマ3話ネタバレ~心が警察につかまっちゃう??

ようやく佐野文吾と分かりあえたのに・・・

金丸という刑事に逮捕されてしまうのか???

なんだか心が動けば動くほど事態は悪化しているような???

そして次なる悲劇が・・・

鈴ちゃん殺人予告!

テセウスの船ドラマ3話のネタバレをお送りします。

スポンサーリンク

テセウスの船ドラマ3話あらすじ

 

金丸に逮捕されそうになる心。

一瞬の隙をついて金丸を押し倒し逃げ出したのだ。

そこへ入った訃報の知らせ。

 

「20~30代男性の死体を発見 

長谷川翼と思われる」

 

と警察無線がしゃべりだした。

心の後を追う金丸。

 

心は一心不乱に逃げ・・・

自分の持っていた免許証と由紀の作ったノートを・・・

雪の崖下へ向かって投げ捨てた。

(その場面も金丸は見ていた)

結局、捕まるのだが自分の身元証明は手元にはない状態。

 

警察の取調室にて

「私がやりましたと言え」

自白を強要する金丸だが、心は何もしゃべらなかった。

留置場に入れられた心だったが・・・

数時間で開放される。

 

二人の死因が青酸カリという事実も判明。

(どうやら警察も心が犯人であることに矛盾を感じたようです)

 

アマゾンでセールやってるって!

スポンサーリンク

佐野文吾に、すべてを明かす心

 

心は佐野家に戻れます。

 

しかし、学校に張り出された一枚の絵。

それは鈴に対する殺害予告ともとれる内容!

心も佐野も気が張り詰めます。

 

一人で悩む心・・・

このままでは事件が起きてしまいます・・・

ついに心は佐野文吾に真実を話すのです。

 

この後、青酸カリで音臼小学校で21人が殺される。

そして犯人は・・・

父親である佐野文吾です。

 

佐野文吾は当然、取り乱すわけです。

そんな話は受け入れられません。

今も佐野文吾は、死刑囚として拘置所にいる事。

家族はバラバラになって隠れて生きていること。

全てを話しました。

 

仕舞いには、心は佐野家を追い出されてしまいます。

行き場のない心は、すべてを金丸刑事に話すことに。

金丸刑事は、信じられないが個人としては無視できない話という態度。

 

心は金丸と共に真犯人を探すことに取り掛かったのです。

 

そんな中、鈴の身に何か起きそうな予告が心の元に。

駆けつける心。

心は、金丸刑事にも伝えます。

金丸刑事は、情報を佐野文吾にも伝え、心さんを守るよう依頼。

金丸刑事からの依頼で心さんとの仲を取り戻すことにもできた佐野文吾でしたが・・・

なんとしても村の事件を止めると決意してしまうのだった。

 

佐野文吾と共に・・・

表に出た心は・・・

再び霧に囲まれてしまいます。

そして・・・

気が付くとそこは・・・

2020年だったのです。

 

すぐに心は過去が変わったかどうかをスマホで確かめてみる。

しかし、やはり犯人は佐野文吾だった・・・

 

ただ犯行日付と青酸カリ混入の飲み物が微妙に変化していた。

更に、母親が一家心中を図り・・・

母親の和子と長男の慎吾は死亡していると。

長女と次男のみが一命をとりとめた。

 

いったいそうなると・・・

自分の娘である未来はどうなったのか????

 

スポンサーリンク

コミック「テセウスの船」を無料で読むには?

 

スポンサーリンク

テセウスの船第3話ネタバレ【まとめ】

やればやるほど事件は複雑になるばかり。

心さんの苦労が涙ぐましい。

それにしても金丸刑事は原作よりとってもいい人になりました。

だって心さんに協力的ですから。

ちょっと癖はありますけどね。

どうやらこのドラマ・・・・

原作とは犯人が違うと言ううわさ。

コミックを読んだ方はご存知と思いますが、結構話が違うんです。

ドラマはまったく予想がつかない方向へ行ったりもしますね。

だから面白いのですが!!

 

ちょこちょことヒントの絵を送ってくる犯人。

あんなに絵がへたくそなのに・・・・

書くのは好きなんでしょうか???

 

それにしても2020年にまた戻ってしまった心さん。

もちろん、犯人たちもその世界に生きていますよね。

そこで、どんな事が繰り広げられるのか???

ドラマ4話も楽しみでなりません。

「テセウスの船」ドラマ第4話ネタバレへ行く

「テセウスの船」2話へ戻る

 

テセウスの船関連はこちらもどうぞ

テセウスの船【ドラマ相関図】いつから?配役?原作?あらすじは?

///////////////////////////////////

自宅でコロナの抗体があるかどうかを検査できるってホント?

できるらしいよ!

まずは安心を!!!

///////////////////////////////////

タイトルとURLをコピーしました